エンタメサイネージ

【事例紹介】mozoワンダーシティ「こどもぞ。ラボ」

Location: mozoワンダーシティ キッズスペース「こどもぞ。KODOMOZO」

名古屋市西区にあるショッピングモール mozoワンダーシティに新しいキッズスペース「こどもぞ。KODOMOZO」が2019年9月13日にオープン。そのキッズスペースに設置されたエンタテイメントサイネージ「こどもぞ。ラボ」をしくみデザインが制作しました。

「こどもぞ。ラボ」は自分が自由にiPadに描いたいきものに変身できるサイネージ。プロジェクターに映った自分オリジナルのいきものに触れることで交流することもできます。

まずはラボに設置されたiPadにいきものを描きます。いきものには「やさしさ」「すばやさ」「動きの特徴」などをパラメーターで設定、鳴き声もその場で録音することができます。

いきものを描き終わったら、指で前面のディスプレイに向かってはじいて飛ばします。そうするとディスプレイに映った自分の姿が先ほど描いたいきものに変身! 自分の描いたいきものに変身した自分の分身は、アバターとして隣に大きくプロジェクションされたエリアに飛んでいきます。

飛んでいったアバターはプロジェクションエリアで生き生きと動き出します。アバターに向かって体を動かすと、投影されたどうぶつたちに触れることも可能。iPadで録音した鳴き声で鳴いたり、分身したり、逃げていったり……。ぜひ実際に体を動かして試してみてください。

ウェブサイトに子育て応援コンテンツ「Enjoy parenting」を掲載するなど、パパ・ママに嬉しいしかけをたくさん準備しているmozoワンダーシティ。お買い物の合間にぜひ親子で想像力を刺激する「こどもぞ。ラボ」でお楽しみください。