リアルタイムライブ演出

Cheeky Paradeワンマンライブ@品川ステラボール

2014年3月初旬、日本を代表する映像プロダクション「ROBOT」さんから「アイドルグループの映像演出を一緒にやりませんか?」とお誘いを頂きました。

・・・が、正直なところ少しだけ迷いました。

というのも、ライブは3月22日。実施まで20日もない状況だったからです。

とはいえ、ROBOTさんのお誘いだし、アイドルやったことないし、期間が短いのはいつものことだし、面白そうだからやってみますか!といつもの軽いノリで協力させて頂くことになりました。

 

今回、一緒にお仕事をさせて頂いたアイドルグループは「Cheeky Parade(略称:チキパ)」。

「ちょっと小生意気なダンス&ファッション」をコンセプトにした9人のアイドルグループ。
★チキパの詳しい情報はこちらをご覧ください。

彼女たちのメジャーデビュー後、初のワンマンライブということで、舞台&演出も気合い入りまくり!

品川ステラボール(約3000人程度のキャパ)に約14m×5mの超巨大スクリーン!

そして、彼女たちのミュージックビデオを制作しているROBOTのスペシャルチームがライブ映像演出を手がける!

★クリエイティブ ディレクター :森田 亮(ROBOT)
★インタラクティブ ディレクター:田中 朝子(ROBOT)
★プロデューサー        :紙谷 崇之(ROBOT)

スゴイ!!!これは我々も気合いを入れねば! ということで、その巨大スクリーンで次のリアルタイム映像演出を行いました。

—–【MC時】—–

舞台にいるメンバーやお客さんの動きに合わせてビリビリビリ! 動きに合わせてリアルタイムに反応するエフェクトをチキパメンバーがお客さんにご紹介。

cheeky parade

メンバーが「これは、チキパ × テクノロジーで、題して【チキノロジー】です!」と、うまい具合に説明してくれました。(小難しいことを言っても仕方がないですからね)

—–【年上コイモヨヲ】—–

大人っぽい曲調で年上の彼への想いを歌うこの曲。観客を年上の彼に見立てて、メンバーの体から出たバブルが、観客席に降り注ぐような演出をしたり恋する想いを色んなハートで表現したり。

cheeky parade
cheeky parade
cheeky parade

—–【宇宙飛行センセーション】—–

チキパの中でも年齢の若い2人が歌う元気爆発ソング! スピード感のあるリズムに合わせて踊る2人に対して、ロケット弾で攻撃。もちろん、観客席も爆撃されちゃいます。

cheeky parade

某チキパ熱烈ファン有名人が、客席にいることキャッチした演出班。カメラマンに狙ってもらって・・・ロックオン!!

そして、チュドーン!!

cheeky parade

客席が大いに盛り上がったこともあり、何発もロケット弾をブチ込ませて頂きました。
(・・・勝手にスミマセン)

—–【恋テレポーテーション】—–

「大好きなキミの彼女になりたい!」と歌う初恋ソング。そんなピュアな乙女心を、メンバーの胸元からパーン!とハートの花火を弾けさせて表現。また、初恋に挑戦する女の子のエネルギーをビリビリで表現したり。

cheeky parade
cheeky parade

「恋テレポーテーション」というだけあって、我々は、ポジションがめまぐるしく変化するフォーメーションダンスについていくだけで必死。頭がどこかにテレポーテーションしそうになりました。

—–【チィキィファイター】—–

ノリノリなリズムに合わせて小生意気な歌詞を繰り出すのがこの曲。小生意気なことを言うんじゃい!お黙り!とばかりにメンバーに向かってロケット弾を打ち込みました。

cheeky parade

メンバーの1人が「ワタシのコト、スキでしょ!?♪」と上から目線なことを言った瞬間、その子の顔にもツッコミ着弾!

cheeky parade
(・・・いいんでしょうか。)

・・・と、こんな感じで色々と自由にやらせて頂きました。チキパ、ROBOTさんと協業したことで経験値も上がり演出の幅も広がった気がします。

関係各社の皆様、本当にお世話になりました!

ありがとうございました!