クリエイティブ教育ラボ

Springin’ワークショップ(2017/3/28,29)

3/28、29に東芝未来科学館で開催されたSpringin’ワークショップのレポートです。

今回のワークショップは、「【春休み特別イベント2017】世界一やさしいプログラミング教室〜プログラミングってな〜に?〜」という東芝未来科学館の春休みイベントの一つとして開催されました。

春休みということもあり、開館時間前には行列になるくらい、たくさんの親子が遊びにきていました。
そんな東芝未来科学館内にあるホールで教室形式でワークショップを行いました。

イベントタイトルは「iPadで自分だけのアプリを作ろう!」。
つくるものは、ゲームでもパズルでも絵本でもOK。

両日共3回ずつ(10:30〜12:00、13:00〜14:30、15:00〜16:30)で、計6回、参加人数は、事前に申し込みをしていただいた15人(各回)、講師は3人で実施しました。

まず最初にSpringin’の使い方をレクチャー(15分〜20分)。
DSC03974コロコロゲームを一緒に作りながら、アイテムの作り方や、アイテムの動かし方を説明しました。

レクチャー後、自由に作品づくり(約60分)。
わからないときは、配布している資料を確認したり、私たち講師に直接質問してもらいました。
DSC04065

残りの時間で、完成した作品を披露(10分〜15分)。
完成した作品を大きい画面に投影してみんなの前で発表してもらったり、同席していた家族に遊んでもらいました。
DSC04075

今回もみんなそれぞれ個性的で、面白い作品が出来上がりました!

レクチャーで見せている作品はみんな一緒なのに、みんな違う作品ができることからも、作りたいもののイメージやそのヒントが頭のどこかに常にあるんだろうなぁ、と作品をみるたびに感心します。

今回のワークショップで作品づくりを楽しむことだけでなく、ゲームや絵本などを「つくる側」になったことで、人を楽しませるにはどうしたらいいのかな…等々、考える機会にもなっていたらとても嬉しく思います。

できた作品をたくさんの人に披露したり自慢して、さらには作品作りを続けてもらえたら嬉しいです。

参加してくれたみなさま、ありがとうございました!