ニュース

中村俊介 福岡市文化賞受賞記念イベント 「スタートアップシティ福岡とクリエイティビティ」

芸術を中心とした福岡市の文化の向上発展に貢献した個人や団体に授与される福岡市文化賞。その福岡市文化賞を今年、しくみデザイン代表の中村俊介が受賞しました。そこで5月10日(金)にこの受賞を記念して「スタートアップシティ福岡とクリエイティビティ」と題したイベントを開催します。

イベントでは中村俊介のプレゼンテーション、そして2009年に福岡市文化賞を受賞されたCMディレクターで映像監督の江口カンさんをゲストにお迎えしたトークセッションを実施。クリエイティブ環境としての福岡の魅力、そして課題を考えるイベントになればと考えています。

ぜひ多くの皆様のご参加をお待ちしております。

日時

2019/5/10(金) 19:00~21:00 (開場:18:30)

会場

evoL by GRANDMIRAGE

内容

19:00~ プレゼンテーション

中村俊介(しくみデザイン)

19:20~ トークセッション

中村俊介(しくみデザイン)
江口カン(KOO-KI)

トークセッション後は会場でご歓談をお楽しみください。また会場には株式会社しくみデザインが制作するインタラクティブコンテンツや、AR楽器「KAGURA」、ビジュアルプログラミングアプリ「Springin’」のタッチアンドトライブースも準備。歓談時間中に自由に体験いただけます。

参加費

5,000円(ビュッフェ形式の飲食つき)

参加申し込み

以下のPeatixのURLからお申込ください。参加費はクレジットカードやPayPal、コンビニ決済でお支払いいただけます。

https://shunsuke.peatix.com/

登壇者プロフィール

中村 俊介

株式会社しくみデザイン代表取締役。名古屋大学建築学科を卒業後、九州芸術工科大学大学院(現・九州大学芸術工学研究院)にてメディアアートを制作しながら研究を続け、博士(芸術工学)を取得。2005年にしくみデザインを設立。参加型サイネージや、ライブコンサートのリアルタイム映像演出など、数々の日本初を手がける。AR技術を用いて体の動きで音楽を演奏できる新世代楽器「KAGURA」や創造的ビジュアルプログラミングツール「Springin’」を開発するなど、UX(ユーザーエクスペリエンス)分野の先駆者として常に新しい分野を切り開いている。Intel Perceptual Computing Challengeグランプリ(アメリカ)、Sónar+D Startup Competition グランプリ(スペイン)など、国内外での受賞多数。

江口 カン

映画監督/映像ディレクター。KOO-KI所属。福岡出身。ドラクエ(出演:のん、北大路欣也)、スニッカーズなど多数のCMを演出。Webムービーでは、「Baseball Party」(トヨタ)や「COME ON! 関門!」(北九州市・下関市)などのヒット作品を手掛け、国内外にて異例のビュー数を獲得。07-09年、カンヌ国際広告祭で三年連続受賞。09年福岡市文化賞受賞、11年福岡県文化賞受賞。13年、東京2020五輪招致PR映像「Tomorrow begins」のクリエイティブディレクションを務める。ドラマ「めんたいぴりり」が日本民間放送連盟賞・優秀賞(二年連続)、ギャラクシー賞などを受賞。映画は、「ガチ星」(2018)「めんたいぴりり」(2019)に続き、「ザ・ファブル」が19年6月21日全国公開予定。

キャンセルポリシー

キャンセルにつきましては5月8日(水)正午までにお申し出があった場合はキャンセル手続きを承ります。それ以降のキャンセルにつきましてはお受けいたしかねます。またお支払い方法によってはキャンセル1件につき500円のPeatixの手数料が発生します。あらかじめご了承ください。キャンセル方法については「Peatix Help | チケットをキャンセルしたい」をご覧ください。

ご参加についてのお願い

  • 開場は開演1時間前の18:30を予定しております。早めにご来場いただきましても入場いただけません。
  • 座席は準備いたしますが、来場時間によっては立ち見になる可能性がございます。
  • 本イベントの模様は写真やビデオなどで撮影されます。後日ソーシャルメディアや記事などに掲載される可能性があります。
  • 領収書の発行が必要な場合はイベント事務局(info@shikumi.co.jp)までご連絡ください。