クリエイティブ教育ラボ

自分のキャラクターに命を吹き込み、それが世界の誰かのもとで動き出す ~Springin’チームに届いたメッセージから~

Springin’のアップデートから早一週間。ユーザー(=クリエイター)が自分の作品をアップする「マーケット」には、既にたくさんのワークが並んでいます。私たちも毎日マーケットにアップされる作品を楽しく遊んでいます。

今日はユーザーの方からいただいたメッセージをご紹介します。メッセージをいただいたのは、アップデートの予告の記事に登場してくれたわたるくんのお母さん。アップデートのあと、わたるくんは早速10個もワークをマーケットに公開してくれました。しかもどれも楽しくてよく考えられていて、思わずスタッフもうなってしまうワークばかり。

そんなわたるくんのお母さんが私たちに寄せてくださったメッセージ。今回のアップデートで目指した理想の姿そのものが綴られていて、スタッフ全員が手放しで喜んでしまうものでした。

わたるくんママ
息子は物作りが大好きで、将来的に小学校でプログラミングが取り入れられるとのこともあり、iPadを使ってそんな体験が出来るアプリをネットで探していました。

そんな中 出会った《Springin’》はプログラミングを助けてくれる『属性、関連性アイコン』があり、初めての息子も「これ、何かな…こっちは何かな」と試していくことによって動きが変化していく様子をワクワクしながら楽しんでいます。

自分の書いたキャラクターに命を吹き込み、思ったように動いた時、「お母さん! 面白いのが出来たよ!」と真っ先に見せに来てくれます。

最初は分からないことを私が調べて一緒にしていたのですが、あっという間に1人で沢山のゲームを作っています。そして、自分のゲームを他の人にも遊んでもらいたいと外の世界を見るようになってきました。

今回のアップデートは本当に嬉しいです。

夢中になりすぎて私の声が聞こえない、終了する時間を守れないのが困りものですが、熱中出来るものがあることに親としては喜びを感じています。

以上です。

うまくまとめられませんでしたが、このアプリを1000人が使ったとしても、同じゲームが出来るのではなく、1,000通りのゲームが出来る可能性が好きです。

しくみデザイン代表の中村俊介からはこんなお返事をしました。

中村俊介
ありがとうございます!! 作り手の想いを、こんなにも的確に理解していただけて本当に嬉しく思っています。

Springin’という名前は、命の息吹く「春」ときれいな水が湧き出す「泉」、そしてぴょんぴょん跳ねる「バネ」のすべてを意味する「Spring」からきています。まさに、自分の描いた絵に命を吹き込んで欲しいという願いを込めたネーミングなのです。

わたるくんが、自分の描いたキャラクターを思い通りに動かして、そして周りの人たちを楽しませている、というお話を聞くと、思わず顔がにやけてしまいます(笑)。

私達しくみデザインはクリエイターの集団ですが、お仕事をするときはいつも、楽しませる人を思い浮かべながら、試行錯誤を繰り返し、作品を作り上げていきます。そして、完成したものをいろんな人達に楽しんでもらうことが、次のお仕事につながります。

今回のアップデートは、この最後の部分、「完成したものをみんなに楽しんでもらう」ことを実現するためのものでした。

わたるくんはもう、立派なクリエイターです。どんどん作品のクオリティも上がり、世界中の人達を楽しませてくれることでしょう。将来、しくみデザインでクリエイターをやってくれてたりして?!

お母様の、「1000人が使ったら1000通りのゲームができる」という言葉は本当に私達の力になります。これからもどんどんアップデートして、よりよいアプリにしていきます。

本当にありがとうございました。私たちにとっても何よりの励みになります。今後も、マーケットでのユーザー間のコミュニケーション機能の強化や、制作が楽しくなるような素材、より使いやすい機能など、皆さんのご意見を取り入れながらアップデートを続けていきます。

わたるくん、これからも作品づくりを楽しんでくださいね!