クリエイティブ教育ラボ

【プレスリリース】言葉の壁を超えるプログラミング教育アプリ「Springin’(スプリンギン)」を全世界 155ヶ国同時配信!

福岡市のクリエイティブ集団が開発した「プログラミングしないプログラミングアプリ」で、 世界中の子供たちが思い通りのデジタル作品を作れるように

株式会社しくみデザイン(福岡市博多区、代表 中村俊介(芸術工学博士))は全世界のデジタルネイティブ 世代の子供たちのための創作ツールとして iOS アプリケーション【Springin’】をリリースし、作品のシェアなどができる新サービスをスタートしました。

Springin’(スプリンギン)公式サイト
http://www.springin.org/jp/

Springin’ の特徴

自分で描いた絵(写真の加工も可能)に、性格や能力、関係性をアイコンで与えていくだけで思い通りのデジタル作品が創りだせる、これまでにない仕組みを実現させた画期的なクリエイティブツールです。

描いた絵や写真でアイテムをつくる

描いた絵や写真でアイテムをつくる

アイテムに 性格や能力をつける

アイテム同士に関係性をもたせる

自分がつくる世界に かかる力をきめる

たとえば、自分で描いたオリジナルキャラクターを 操作して遊ぶゲームや、パズル、動く絵本、楽器など作品の種類は自由自在。「つくりたい」をそのまま形にできる直感的な UI(ユーザーインターフェ イス)になっています。 さらに、できあがった作品をサーバーにアップロードすることで他のユーザーとの共有ができるサービス「My Springin’ Box」によって、子供の作品を家族の iPadやiPhone で遊んだり、コンテストに応募したりといった、創るだけではない様々な楽しみ方が子供達の創造性を育みます。

つくった作品をシェアする

開発の経緯とアプリに込めた想い

現状のプログラミング作業をベースにした「プログラミング教育」への違和感=子供たちにはもっと「つくる」こと自体を楽しんでほしい、という想いからこのアプリは生まれました。

Springin’ は、「楽しい」ことを大前提としていますが、思い通りにキャラクターを動かすために「属性」や「関係性」を組み立て、作品がより楽しいモノになるように何度もトライ&エラーを繰り返せることは、結果的には本来のプログラミング教育の目的でもある 論理性と批判的思考の力を養うことに繋がります。また、そうして出来上がった作品を家族や友達に見せたり、世界に向けて公開できることは、「つくりたい」という欲求のモチベーショ ンとなり、クリエイティビティを育むきっかけとなります。これからの時代に必要な、「クリエイティブシンキング」の力。我々しくみデザインは、Springin’ を楽しむことで子供たちにこの力を育んでほしいと考えています。

これまでの実績

2015 年 12 月にβ版をリリースし、各地でワークショップを実施するなどして機能のブラッシュアップを行ってきました。ワークショップでは、子供たちの手により、数々の傑作が誕生しています。

WS レポート:http://www.shikumi.co.jp/blog/category/workshop/
WS 作品映像:https://www.youtube.com/channel/UCT2ghBIZwIUfxgSHq5RuCbQ

野球盤ゲーム

動く絵本

対戦シューティングゲーム

ブロック崩しゲーム

2016 年 11 月には「第 13 回 日本 e-Learning 大賞 EdTech 部門賞」を受賞するなど、教育関係者からの高い期待も寄せられています。

販売価格

ダウンロード無料。無料版では、My Springin’ Box により共有された作品をダウンロードして遊ぶことができます。プレミアム版へアップグレード(iPadのみ、アプリ内課金※)することで、作品の創作や My Springin’ Box による作品共有のすべての機能が利用できるようになります。

※サブスクリプション型。

月額利用料:300 円
6ヶ月利用料:1,600 円
年間利用料 3,000 円

< AppStoreURL >
https://itunes.apple.com/jp/app/id1184243692?mt=8#