クリエイティブ教育ラボ

FUKUOKA Creators Award 2019 の受賞作品を解説!!

FUKUOKA Creators Awardは「将来のクリエイターとなる子供たちにフォーカスする」という趣旨で2017年度から開催しているプログラミングコンテストです。

今年は大人気のキャラクター「Mr.shape」とコラボレーション、作品づくりに使えるキャラクター素材ワークを準備しての実施となりました。7月19日(金)から8月31日(日)までの約1か月半「Springin’」を用いた作品をジャンルを問わずに募集し、全国から計97作品が集まりました。ご応募いただきましたみなさんありがとうございました。

今回は集まった作品の中から見事受賞作品に選出された5作品を紹介します。

クリエイティブ・ラボ・フクオカ会長賞
Attack the Harmful creatures (もやし炒め@123moyashi)

作品紹介

ハリネズミが森に住むいろいろな生物と戦うゲーム。ハリネズミを操作し敵からの攻撃を避けながらステージ上に現れるコインを拾い集め、貯めたコインを使って商品を購入し反撃する。先に相手の体力を削りきった方の勝ちとなる。

コメント

絵、音楽、演出、ゲーム性、プログラムと各要素で高クオリティを発揮した圧巻の総合力。シーン内の上限までアイテムを配置してコインをカウントするしくみやアニメーション、各ステージの特色を実現してある。クリア後のおまけもサービス精神にあふれていて充実のボリューム感。

審査員特別賞(中村俊介選考)

ニワトリトロッコきょうそう(サムライくまもと@sakuradanene)

作品紹介

白いニワトリと黒いニワトリが一つのルビーをめぐって競争をするというストーリーにあわせて、様々なゲームが織り込まれた作品。

コメント

キャラクターたちのコミカルなやりとりやストーリーをつないでいくミニゲームとたくさんのアイディアが詰め込まれた作品。冒頭のトロッコを守りながら競争するゲームでは、防御、加速、硬直時間という3つの要素の組み合わせによるゲーム性の高め方が素晴らしかった。

ミスターシェイプのタッチカード賞

★みてみてみてゲーム★(とりちゃん@masa33)

作品紹介

少しづつ変化をつけて配置されたいくつかのアイテムの中から、お題と同じアイテムをみつけるというゲーム。

コメント

カラフルなイラストがかわいくシンプルな内容ながらも難易度が絶妙で、正解を見つけるのが意外と難しいが理不尽になりすぎないないところに収まっていて良かった。複数人でわいわい話しながら遊ぶのにも向いている。

レベルファイブ特別賞

ミスターシェイプと5の魔人(わたる@wataru_t)

作品紹介

ミスターシェイプを主人公にした作品。それぞれに攻略法の違う5魔人とたたかっていくアクションゲーム。

コメント

不穏な雰囲気を漂わせる演出と各ステージ(魔人)の違いの出し方に工夫が見られた。ステージ1は敵をかわしながら攻撃をするためのボタンをキャラクターで触るという戦い方、さらに攻撃が届くまでの時間差をよみながら操作という点も加わりやりごたえがある。

HKT賞特別賞

ちょこまんものがたり(ゆうし@yushi)

作品紹介

ちょこまんというオリジナルのキャラクターを操作して、友だちを助けるためにいくつかのミッションに挑戦していくという作品。

コメント

ゲーム導入のストーリー、クリア後のエンディングから世界観を感じられる。ミッション2の一定時間オブジェクトを避け続けるゲームでは左右に避けるだけでなく前に進んで一定の位置を保つ必要があるのがボタン配置と合わせていい効果になっている。