ニュース

株式会社KBC映像と共同で北九州陸上カーニバルでのインタラクティブビジョン実証実験を行います

株式会社しくみデザイン(福岡市博多区、代表 中村俊介(芸術工学博士))と株式会社KBC映像(福岡市中央区、代表 半田俊彦)は、北九州市の本城陸上競技場で10月26日(土)・27日 (日)に開催される「第41回北九州陸上カーニバル」において、競技上映用の大型ビジョンを活用 したCG演出と実写をリアルタイムに表示するインタラクティブビジョンの実証実験を行います。

本実証実験ではKBC映像のライブ映像送出技術と、しくみデザインの人の動きに合わせてインタラクティブなリアルタイムライブ演出技術を組み合わせ、来場者への参加型コンテンツとして 大会を盛り上げ、陸上競技大会の新しい魅力を提案します。

KBC映像としくみデザインのコラボレーションによる陸上競技大会でのこのような取り組みは初。北九州陸上カーニバルに参加される方はぜひご注目ください。YouTube Liveによるライブ中継もあります。

【株式会社ケイ・ビー・シー映像について】

1985年設立。九州朝日放送(KBC)のグループ企業として、番組・映像制作を担う九州最大規模 の総合プロダクション。テレビ番組の制作を主軸に、VP・CM・撮影・MAなどを手がけ2015年に 30周年を迎え、“伝える・伝わる”コンテンツ制作にこだわった豊富な実績をもとに多言語ガイドシステムなど、新たなサービス開発も手がけている。

http://kbceizo.co.jp/