クリエイティブ教育ラボ

Springin’ワークショップ(2017/7/22,23,8/2,3)

さいたまスーパーアリーナの夏休みスペシャルワークショップとして、計4日間で開催されたSpringin’ワークショップのレポートをお届けします。

【開催概要】

  • 日程:2017年7月22日/7月23日/8月2日/8月3日
  • 会場:さいたまスーパーアリーナTOIRO
  • 時間:①10:00−11:30 ②13:00−14:30 ③15:00−16:30
  • 対象:小学3年生以上
  • 定員:各回20名
  • 参加費:1,500円

 

昨年も大好評だったさいたまスーパーアリーナでのワークショップ。今年は夏休みがスタートする1ヶ月以上前(6月1日)にチケットを販売開始したのですが、発売後すぐに満席となりました。注目度の高さに嬉しい悲鳴でした。

ワークショップでは冒頭15分から20分くらいでSpringin’の使い方を講師より説明、その後は1時間くらいかけて自由に自分が作りたいアプリの制作時間としました。そして最後は参加者や保護者の前で作品を発表。保護者に実際に遊んでもらう時間も設けました。

Springin’での作品作りは初めての参加者がほとんど。
最初の使い方の説明も真剣に聞き、わからないところやうまくいかないところなど、スタッフに相談しながら作品の制作を進めていきました。

そんな中、経験者…!?という参加者が数人。
なんと昨年開催したワークショップに参加してくれた子でした(嬉)!

その中には事前に作品の設計図をつくってきた子がいました。

……すごい!!
複数ステージ作成の計画。

作品に登場するキャラクターのアイデアも!

 

彼はこの設計図を元に作品を完成させました。

彼の「つくりたい」気持ちに、スタッフ一同とても感動しました。

4日間のワークショップを通して子どもたちが作った作品は合計で約120作品。
その中からいくつかピックアップしてご紹介します。

「肉まん君を食べてくれ!」

クリックするとダウンロードページが開きます

絵がかわいいです。そして、タイトルに「肉まんを食べてくれ!」って書いてるのに、「はい」「いいえ」の2択が用意されている…「はい」をおしても「いいえ」をおしても、不意をつかれる感じがたまりません。

「果物拾い」

クリックするとダウンロードページが開きます

結構クリアするのが難しくてやりがいがあります。 さらにシンプルに見えて実はすごいギミックが隠されています。特にカゴの部分。 ぜひダウンロードして編集モードで見てみてください。

そして今回のワークショップで完成した作品は、同時開催の新体感デジタルアトラクションパーク「Spaaark!!」のオフィシャルサポーター、ロバートの3人が審査し、それぞれにお気に入りを選んでもらうという特典もありました。

結果はコチラ!!
http://spaaark.me/#ws-result

以上でレポートは終わり。ぜひ上記でご紹介した作品たちで遊んでみてください。

ワークショップ参加者の作品が「つくりたい」気持ちへの刺激になれば嬉しいです!

そしてお知らせです。
Springin’による作品を募集していたFUKUOKA Creators Awardの募集期間が8月28日に締め切られ、来る9月9日(土)に福岡市役所西側ふれあい広場にて開催される「The Creators」の中で受賞作品が発表されます。

どんな作品が発表されるのか…楽しみです。
こちらにもぜひ注目してくださいね!

FUKUOKA Creators Award 2017
http://www.springin.org/jp/fca2017/

The Creators
http://the-creator.jp/