クリエイティブ教育ラボ

The Creatorsレポート ~ARC & FUKUOKA Creators Award 2017 結果発表!~

2017年9月9日(土)・10日(日)に福岡市役所西側ふれあい広場にてデジタルとエンタテインメントのフェスティバル「The Creators」が開催されました。

今年はEXILE THE SECONDのステージなど人気アーティストが数多く登場。開場時間を待たずに入場待ちの行列ができるなど、毎日たくさんの方で賑わっていました。

しくみデザインもステージでのARC Time Attack Challenge、そしてこのブログでもお知らせした「FUKUOKA Creators Award 2017」の結果発表と表彰式でThe Creatorsに参加しました。

ARC Time Attack Challenge

The Creatorsのステージは初日・二日目ともに観客席前部に作られた特設サーキットを使ったラジコンレース「ARC Time Attack Challenge」でスタート。両日ともトップ5に入った参加者には賞品が準備されていることもあって、老若男女問わずたくさんのプレイヤーがARCでタイムを競いました。

ARCはAR(拡張現実)とRC(ラジオコントロール)を組み合わせた新世代ラジコン。ラジコンカーの前面にはカメラが搭載され、参加者はそのカメラからリアルタイムに送られてくる映像を見ながら車を操作します。今回はステージ上に特設運転席を設け、カメラ画像は舞台前面の大型ディスプレイに上映。参加者と観客が一体となって楽しむアトラクションになりました。

ARCでは運転前にランキング表示用にアイコンとなる顔写真を撮影するのですが、みなさん思い思いの表情で撮影。子どもたちの笑顔に会場からは「かわいい~!」の声が上がっていました。

今回はダンボールで作られたコースに加えて、プロが操作する2台のラジコンがコース上に出現。ときに邪魔をしたり、困っているプレイヤーを助けたりなど大活躍でした。

レースは特設サーキットを3周する合計タイムで競われました。最速タイムを出したのは2日目の優勝者。しかも30秒を切る奇跡的なタイムでのぶっちぎり優勝で、操作に慣れたしくみスタッフの記録を大きく超えるタイムにスタッフ全員でびっくりしました。

FUKUOKA Creators Award 2017 授賞式

そして9月9日(土)の夕方にはビジュアルプログラミングアプリ「Springin’」を使ったプログラミングコンテスト「FUKUOKA Creators Award 2017」の授賞式が開催。しくみデザインの中村俊介に加え、特別審査員の千原せいじさん、そしてプレゼンターとして高島福岡市長が登壇しました。

受賞者全員がステージに上り、賞状を受け取ったあとは、自身でiPadを操作して自分の作品をプレゼン。会場いっぱいの観客のみなさんの前でのプレゼンにみなさん緊張の面持ちでしたが、ちゃんと最後まで作品を紹介できていました。これも非常に良い経験になったはずです!

ではさっそく受賞作品をご紹介しましょう。下記でご紹介する作品の画像をクリックすると、その作品のダウンロードページが開きます。iPhoneやiPadをお持ちの方はAppStoreでSpringin’をダウンロードして、受賞作品を実際に操作してみてくださいね。作品のダウンロードとプレイは無料で可能です!

FUKUOKA Creators Award 2017 受賞作品一覧

クリエイティブ福岡推進協議会会長(高島宗一郎 福岡市長)賞

パクパクアイス / 小垣 蓮さん(中学生)

「パクパクアイス」

シュンスケコメント
5つのアイスクリームをコーンの上に戻すゲーム。絵も上手だし、単に操作ボタンのネコをタップしただけではクリアできないギミックもよくできていました。当たり判定やコンティニュー画面など、ゲームとしての設計もほぼ完成しており、総合力でトップに選ばれました。

副賞にはiPad ProApple Pencilがセットで授与されました。世界最先端のクリエイティブツールを使って世界に羽ばたいてほしいという願いを込めています。

審査員特別賞(中村俊介)

星キャッチ / 小宮衣織さん(中学生)

星キャッチ

シュンスケコメント
星を集めて次の面に進むアクションゲーム。どの星を取れば次の面に進めるかをプレイヤーに考えさせながら、操作します。スタート画面でレベルの違う4つの面を選べたり、クリア画面と失敗画面を分けて表示させたり、失敗するとコンティニューできるなど、プレイヤーの視点に立ったゲームバランスの細かな調整ができている作品でした。

副賞には新世代楽器「KAGURA」とノートパソコンのセットが授与されました。KAGURAを使って音を使った新しいパフォーマンスに挑戦してみてください!

審査員特別賞(千原せいじ)

わたしの好きなものはどれ? / 田中梨乃夏さん(小学生)

わたしの好きなものはどれ?

千原せいじさん
梨乃夏ちゃんのゲームのいいところは「食い物なんでも食やいい!」ってものじゃなくて、本人の好き嫌いが反映されているところで。正解は本人の中にしかないんですよ。それがすごくよかった。おめでとう!(談)

副賞には新世代のDJプレイ機器「GoDJ Plus」が授与されました。音楽を流すだけでなく、音楽同士を組み合わせたり、エフェクトをかけたりなど本格的なDJプレイが可能。スピーカーも内蔵されているのでこれ一台でどこでもDJになれます!

入賞

れんさボール / 山本直幹さん(小学生)

れんさボール

シュンスケコメント
アイテムを組み合わせてピタゴラスイッチ的な動きを作ったワーク。ゴールしたときに「おめでとう」のくす玉が割れるしくみはよく考えましたね。ボールを最後まで転がすためのバランス調整は大変だったのでは?

副賞にはプログラミングロボット「PETS」が授与されました。PETSはコマンドブロックを背中に差し込むことでロボットの動作をプログラミングでき、実際に物を動かしながらプログラミングも学べるすぐれものです。

ワープコロ / 森園琴水さん(中学生)

ワープコロ

シュンスケコメント
ワープをうまく使ったコロコロ迷路ゲームです。1ステージのシンプルなゲームで、この手のゲームは単調なものになりがちです。しかしこの作品はステージの中にレベルのグラデーションがあって、メリハリがあって面白かったです。ぜひ新しいしかけを考えて次の面も作ってみてほしいです。

副賞には簡単な操作で離陸から着陸、そしてアクロバティックな飛行ができるミニドローン「Parrot Mambo」が授与されました。単に飛ばすだけではなく、軽いものを掴んで持ち上げたり、弾を発射したりすることもできるので、いろいろなことにチャレンジできるはずです。

りんごの木 / 今林陽香さん(中学生)

りんごの木

シュンスケコメント
りんごの実がなって、その種がまた成長して新しいリンゴの木が生まれるまでのストーリーを描いたデジタル絵本。アニメーションを使ってうまく表現できていますね。しかもループも取り入れていてひねりもあって、今後作り込んでいけばもっと良い作品ができる可能性を感じました。

副賞には工業デザインやイラストレーションなどに携わるデザイナー必携で、漫画家の愛用者も多いカラーマーカー「コピックスケッチ 24色セット」が授与されました。

動くぼうしと動物 / 近藤華香さん(小学生)

動くぼうしと動物

シュンスケコメント
レッサーパンダを避けながら自分の帽子を取り戻すアクションゲーム。ゲームの時間制限を作るしくみをビジュアル的によく作っていますね。レッサーパンダーやブタが出てくるタイミングもよく考えられています。今回の入賞作のなかでは一番プログラミング的に練られている作品だと思います。

副賞にはプロクリエイターから大きな支持を集める画材で、特にアニメーターからの人気が熱い三菱の色鉛筆「ユニカラー 100色セット」が授与されました。

ファーストコンタクト / 志村叶光紀さん(小学生)

ファーストコンタクト

シュンスケコメント
火星人とのファーストコンタクトを描いたデジタル絵本。作者の「作りたい!」という気持ちが伝わってくる良作です。絵も上手だし、音もアクセント的に使われています。溢れてくる「作りたい!」気持ちに作品がもっと近づけるよう、引き続き取り組んでもらえたらうれしいです!

副賞には身の回りのモノがなんでもドラムセットになる「KORG CLIPHIT」が授与されました。付属のクリップ型センサーを机やダンボール、雑誌などに取り付けて、それを叩けばなんでもドラムセットに変身。電池で動き、カバンに入る大きさなので、どこでもドラムプレイができます。

子どもたちも”The Creators”に

ビジネスプランコンテストからプロミュージシャンによるエンタテインメントまで、数多くのアトラクションが繰り広げられた今年のThe Creators。将来のクリエイターとなる子どもたちにとって、最先端のパフォーマンスを見ることと同様に、自分で実際に作品を作ってみたり、さらにそれをオーディエンスの前で発表することも大きな刺激になるはずです。ARCとFUKUOKA Creators Award 2017は、大人たちに混じって自らを表現する舞台を準備することができました。そして来年も引き続きそのような舞台をぜひ作ることができたら、と考えています。また来年も未来のクリエイターたちとThe Creatorsでお会いできますように!