クリエイティブ教育ラボ

Springin’でコロコロゲームをつくってみよう

この動画はSpringin’がどんなものかを30秒以内で紹介するために作った動画です↓

緑の床を転がる黄色いボールを、落ちないように右下のボタンでジャンプさせて、ゴール(=青い旗)にたどり着いたら「GOAL!!」と表示される、という内容のワーク。

私たちはこれをコロコロゲームと呼び、ワークショップなどでも基本ワークとして一番最初に説明するのに使っています。

今回は、このコロコロゲームの作り方を説明したいと思います。

<転がるボール、床、ゴールの旗、ジャンプボタン、GOAL!!の文字の5つのアイテムを作る>
<黄色いボールがコロコロと転がる環境と黄色いボールをジャンプさせるジャンプボタンを作る>
<GOAL!!ページを作り、黄色いボールが青い旗にたどり着いたらGOAL!!ページが開く、という関係をつくる>

大きくはこんな流れです。
作る順番は、必ずしもこの通りでなくても良いのですが、今回はこの動画と同じ流れの作り方を紹介しています。
一度参考に作ってみてください。


★コロコロゲームの作り方★


<まず最初に、このワークに必要なアイテムを作成します>
0201_1?ワーク作成ボタンをタップします。
?ワーク作成画面のアイテム作成ボタンをタップします。
?アイテム作成画面で以下の5つのアイテムをそれぞれ作成してください。
・転がるボール
・床
・ゴールの旗
・ジャンプボタン
・GOAL!!の文字

item

 

<次に、黄色いボールがコロコロと転がる環境と黄色いボールをジャンプさせるジャンプボタンを作ります>
0201_2?黄色いボールを右上に配置します。
?配置した黄色いボールをタップして「回転」属性をタップします。
これで、黄色いボールが回転するようになります。

0201_3_?床(緑の棒)をアイテムリスト上でタップ※して「ピン」属性をタップします。
?床を図のように配置します。
※同様の属性を持つアイテムを複数配置するときなどに便利な方法です。
これで、動かない緑の斜面ができました。

0201_4?ゴールの旗(青い旗)を画面の位置に配置します。
?配置したゴールの旗も動かないように「ピン」属性で固定します。

0201_5?画面内のアイテムがない部分をタップし、出てくるアイコンのうち「重力」属性(りんごが落下しているアイコン)をタップします。
?重力設定画面の真ん中のりんごを↓方向に引っ張り、画面内に重力を設定します。
これにより、全アイテムに設定した↓方向に力(重力)がかかり、黄色いボールが緑の床の上に落ち、転がります。(床や青い旗は「ピン」属性で固定しているので、重力がかかっても落ちません。)

0201_6__?ジャンプボタンを画面の右下に配置します。
?配置したジャンプボタンをタップし「ピン」属性で固定します。
?次に「ジャンプ」属性を選択します。
?ジャンプさせたい相手を選択する画面が開くので、黄色いボールを選択します。
?右下にある緑の完了ボタンをタップします。

<最後に、GOAL!!ページを作り、黄色いボールが青い旗にたどり着いたらGOAL!!ページが開く、という関係をつくります>0201_7_?ページリストの+ボタンをタップし2ページ目を追加します。
?2ページ目を選択し、GOAL!!の文字を配置します。

0201_8__?1ページ目に戻り、画面内の青い旗をタップし「シーンチェンジ」属性をタップします。
?2ページ目として作成したGOAL!!ページを選択します。
?右下の緑の完了ボタンをタップします。

0201_9__?黄色いボールをタップし「接触」属性をタップします。
「接触」は接触した相手のイベントを起こす、という属性です。
?イベントを起こしたい相手を選択する画面が開くので、「シーンチェンジ」属性を持つ青い旗を選択します。
?右下にある緑の完了ボタンをタップします。
これで、黄色いボールが青い旗に接触したら、2ページ目が開くという関係ができました。


これで完成です!

再生ボタンをタップして、思い描いていた動きをするか、チェックしてみてください。
あれ?なんか違う!…と思っても大丈夫!
それぞれのアイテムに与えた属性を確認してみてください。
Springin’は何度でもトライ&エラーできるのも魅力の一つです。

今回は重力でボールを転がしましたが、コロコロゲームといってもいろんな方法があります。

ボールをどうやってコロコロさせる?
ジャンプ以外にもボールを動かせる?
コロコロするのはボールじゃなくてもいいんじゃない?

いろいろ工夫を凝らしていけば、あなただけのゲームになっていきます。
是非、オリジナルのコロコロゲームをつくってみてください!