クリエイティブ教育ラボ

【プレスリリース】2017年10月1日にリニューアルオープンした福岡市科学館の常設展示に技術協力

エネルギー変換や環境問題、高度交通管制システムについて学べるコンテンツを制作、プログラミングコンテストの優秀作品の展示も

株式会社しくみデザイン(福岡市博多区、代表 中村俊介(芸術工学博士))は、2017年10月1日にリニューアルオープンした福岡市科学館(福岡県福岡市六本松)の常設展示への技術協力として、基本展示室内に展示される「エナジーシュート」「環境はてな」「すいすいマイスター」の制作を行いました。来場者はこの3つのコンテンツを通して、エネルギー変換や環境問題、交通管制といった社会と科学の関わりについて体を動かしながら学ぶことができます。

また福岡市科学館のオープンを記念し、基本展示室内のクリエイティブスペースにてビジュアルプログラミングアプリ「Springin’」を用いて開催されたプログラミングコンテスト「FUKUOKA Creators Award 2017」の優秀作品を展示しています。

「エナジーシュート」「環境はてな」「すいすいマイスター」は常設、「FUKUOKA Creators Award 2017」優秀作品は2018年3月までの展示(予定)です。多くの皆さまのご来場をお待ちしております。

福岡市科学館ウェブサイト
https://www.fukuokacity-kagakukan.jp/

しくみデザインが制作した常設コンテンツ 概要

エナジーシュート

私たちの身の周りにあるエネルギーにはさまざまなものが存在し、それらは別のエネルギーに変換することができます。「エナジーシュート」では身近な事象でエネルギーがどう変換されているかを考え、足元にプロジェクションされている正解の○を蹴って回答。体を動かしながらエネルギーについて学ぶことができます。

環境はてな

環境問題に関する幅広い知識が問われるクイズ。正解をA・Bの2択から選択し、選んだ答えが表示されたディスプレイの前で体を動かし、ディスプレイ内に表示された風船を割ります。もし参加者間で答えが分かれた場合はより多く風船を割った選択肢が回答に。ひとりで、家族で、友だち同士で楽しむことができます。

すいすいマイスター

道路を走る車が渋滞なく、事故なく走行できるように信号機などを制御する高度交通管制システム。「すいすいマイスター」では参加者がマップ上に走る車の量や交通状況にあわせて信号を制御し、制限時間でのポイントを競います。ゲーム感覚で高度交通管制システムが担う役割の重要性を実感できるコンテンツです。

FUKUOKA Creators Award 2017について

FUKUOKA Creators Award はクリエイティブ福岡推進協議会( 会長: 福岡市長 髙島宗一郎) が毎年開催しているコンテスト。2017年は子どもにフォーカスし、ビジュアルプログラミングアプリ「Springin’(スプリンギン)」で制作された作品が募集されました。夏休みの1ヶ月の間に、オリジナリティ溢れる作品がたくさん応募され、その中から8作品が入賞作品として選出されました。入賞者は2017年9月に市役所西側ふれあい広場で開催された「The Creators」のステージで表彰され、賞状と副賞が授与されました。受賞作品は下記URLにてご紹介しています。

【お知らせ】「FUKUOKA Creators Award 2017」受賞作品を発表
https://www.shikumi.co.jp/blog/fca2017-result/

FUKUOKA Creators Award 2017公式サイト
http://www.springin.org/jp/fca2017/

■株式会社しくみデザインについて

「みんなを笑顔にするしくみをデザインする」という企業理念の下、2005 年に、現代表中村俊介が設立。ユーザー参加型コンテンツのパイオニアとして、900 件以上の実績数を誇る。米インテル社主催の世界的コンテストでのグランプリなど、国内外での受賞多数。2017年7月に世界中の子どもたちがクリエイティブになる方法と環境を研究・実践する「クリエイティブ教育ラボ(EduCreative Lab)」を立ち上げるなど、子供向けのクリエイティブ教育にも力を入れている。

コーポレートサイト
http://www.shikumi.co.jp/